それがどんだけ大変か知らないのに、簡単に頼まないでね!

3

3

view

1

comment

photo by pakutaso.com

僕はホームページ制作を生業としているのだが、
この仕事をするようになってから、友達や親戚などから最近よく言われるようになったのがこれ。

「暇なときにでも、俺のサイト、タダで作ってよ!」

いやいやいやいや。無理っす。
まるで「買い物いくなら、ついでに牛乳買ってきて」くらいの気軽さで言ってくるから腹が立つ。

どうやら、彼らの頭の中では、ものすごいブラインドタッチでプログラミングして、謎のツールであれこれしたら、電子レンジでチンするように出来上がると思い込んでいるんじゃないかと。
まあわかってないんだなと思って、相場を言ってあげると。

僕「さすがに無料はちょっと・・。まあ30万はもらわないと割にあわんよ」
友達「ぼったくりかよ。」
僕「」

と、大概こうなる。ここから、毎度同じような説明をしなければならない。
まず、Webサイトができるまでの工程としては
目的を達成できるサイトを作るために企画をして構想・スケジュールをたて、その目的に合ったサイトのレイアウトやデザインをおこし、プログラミング、コーディング、動作テストして、サーバーをたちあげてからようやく公開に至る。

これらの工程をしっかりとやると、一人でおこなう場合どうやっても作業時間として1ヶ月はかかってしまう。
ようするにその作業月の月給はもらわないと生活ができない。
それを、無料で作ってとは、「今度近くでお店開きたいから内装工事タダでやってくれない?」と大工さんに言っているのと同じなんだよ。

そういうこと言う奴に限って、オンラインショップサイトだったり、さらに大規模サイトだったりするのだ。

公開日:2014.10.02

コメント一覧

  • 放たれる
    3 stars

    分かる。

    詳しく話を聞けば、考え方が変わるよ。

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話