我が家の子猫、リトルと出会ったときの話です

3

3

view

1

comment

photo by PHOTO STOCKER

現在一歳の雄ですが、出会った時は生まれて一歳の頃でした。
私は遊水地にウォーキングに出かけたのですが、その途中に出会ったのがリトルでした。
出会ったといっても捨てられていたのですが、兄弟と思える二頭でニャーと啼いていました。
出会ったのは5kmウォーキングの途中で、2kmほど歩いたところでした。
私はそのまま歩いていったのですが、二頭は啼きながらついて来ます。
二頭を飼うわけにもいかないと思い、そのまま歩き続けました。
途中で一頭は諦めて座り込んだのですが、もう一頭はまだついて来ました。
必死について来るのですごいなと思いましたが、私は目的地に向かって歩き続けました。子猫も就いてきます。

結局5km歩き終わっても子猫は就いてきてました。
目的地は出発点でもあったので自動車を止めてあり子猫を連れていけたので、その時この子を飼おうと決めました。
必死についてくる猫に感心してしまい飼うことにしたのです。
その時に連れ帰ってから一年、いろいろとありましたが元気がとりえの子猫に育ってきてます。
いまもリトルは時折私について廻って、飛び跳ねたり走ったりと元気がとりえです。
とても可愛い子に育ってます。

公開日:2014.12.30

コメント一覧

  • 3 stars

    最期まで大事にしてくださいね

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話