夏休み、おじいちゃんとふたりで甲子園のテレビ中継を見ていたときのこと

5

2.5

view

2

comment

photo by ラブフリーフォト

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

試合が終わり、勝ったチームの
キャプテンのインタビューの最中。

祖父「早くみんなでカツを食べてこい!」
私「カツかどうかは分からないよ(笑)」
祖父「勝ったらな、カツって
決まってるんだぞ。」

うん…(笑)ととりあえず飲み込んでいると
お次は敗戦したチームのキャプテンが登場。

祖父「早くカツ食べてこい!
おなかすいてるだろう。」
私「……え?笑
カツは勝った方って言わなかった?笑」
祖父「勝ったのと負けたのではカツの
大きさが違う!」

…違いは大きさなのね(笑)

わたしにはなんとも言えませんが、
甲子園出場チーム全てが試合終わりに
カツを食べてるとは思えませんし、
きっと違うでしょう(笑)

でもこんな楽しい会話をしながら、
また来年もおじいちゃんと夏の甲子園
がみられますように。

公開日:2014.11.11

コメント一覧

  • ばちょん
    2 stars

    おじいちゃんの熱い想いを感じました^_^

  • 放たれる
    3 stars

    なんだか微笑ましいですね!

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話