靴下で登校

5

2.5

view

2

comment

photo by Ogiyoshisan

工業高校の頃の話…


毎朝8時になると、校門のとこに

大村(先生)が立って服装などをチェックしている。

大村との相性は最悪だ!!

この法則に気づいた私わ、

大村が来る前に登校してしまえばいい!と思い、

後日、作戦に出た!


いくら服装が乱れていようが、
会わなければいいのだから!

私の思惑通り、それ以来
朝 大村(先生)に会う事も
怒られる事もなくなった!


数ヶ月がたったある日…

いつも通りの時間に
いつも通りの道を
校門へ歩いていると、

後ろに気配を感じるではないか!!


恐る恐る振り返ると…

「お、お大村先生っっつ!なぜ?」

そこには何と、
車に乗った大村(先生)の姿が…


大村「森下ぁぁああ!スカート直せ!靴のかかと踏むな!靴に謝れ!」

と叫ばれ…

それを他の生徒や近所のおばちゃんにまで見られ…

恥ずかしい恥ずかしい


しかも冬でね、

足の指が霜焼けになってて、
ローファーが履けない…

踏みつけすぎたローファーのかかとも
戻ってこない…



私 「霜焼けがヒドくて履けません。」

大村「履けないなら靴持って歩け!」

私「えぇーーーっ」

大村「先行ってるぞ!校門でまた会おう!」



真冬に
女子高生が靴をかかえて
靴下で登校しているところを
見た事があるだろうか?


伝説の靴下で登校でした

公開日:2014.11.21

コメント一覧

  • ばちょん
    2 stars

    靴に謝れとは、面白いし真面目な先生ですね^_^

  • 放たれる
    3 stars

    せつないですね

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話