出張帰りの新幹線で、となりに外国人らしき若者が座った

0

0

view

0

comment

photo by pakutaso.com

まだ40歳の頃、東北で勤務時代。

出張帰りに東京から新幹線で一路岩手へ。となりに外国人らしき若者が座った。

しばらくしてしきりに話かけて来るため、片言英語で対応。

挨拶からはじまり、いろいろ話したが通じているのかわからなかった。

仙台を過ぎた頃から急にそわそわし出して、電話番号らしきメモを私に見せた。

直感で今まで話しかけてきたのは、この番号へ電話して欲しいがための前触れだとわかった。

当時まだ携帯電話は普及しておらず、車掌さんへお願いして繋いでもらった。

電話口には秋田弁の女性の声、若者は日系二世で祖母に会いに行くのだとわかった。

秋田新幹線の開通前であり、北上駅で乗り換えられるように車掌さんへお願いして、私はひとつ手前の駅で降りた。

あれから20年、新幹線に乗るとこの小出来事が頭をめぐる。

公開日:2015.01.07

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話