なにが楽しかったのだろうか?子供のころの謎の遊び

7

2

view

3

comment

photo by ラブフリーフォト

僕が小学校は、まあ一般的な子供のころと同じく、よく遊んだ。
自転車で走り回ったり、山の中に入って虫とったり、鬼ごっこや缶けりなどの定番の遊びはもちろんのこと。
友達の家でスーパーマリオだとか、カードゲームだとかのインドアでも遊んでた。

そういった中で、今でもなにが楽しかったのかよくわからない遊びがあった。
まず、風呂敷をマントみたいにして背中装着する。
そして、自転車にのる。
しかしこの自転車は普通ではなく、前ブレーキがやたらすごくききがよくて、ブレーキをかけたら前輪がロックされるぐらいに改造された自転車。

その自転車で猛スピード漕いで、マントをなびかせてマックススピードに達したころに、「スーパーマン!」と叫びながら、前ブレーキをかける遊びだった。

当たり前だが、自転車は前回り一回転しながら吹っ飛んでいく。
その吹っ飛んだ距離を競う。というなんとも危険な遊びだった。

みんな血だらけになりながらも、げらげら笑いながら「つぎ俺な!」と、吹っ飛ぶ距離を競い合ってた。

公開日:2014.11.01

コメント一覧

  • ばちょん
    1 stars

    元気ですね!男のこのパワーですね

  • 放たれる
    3 stars

    スーパーマンのやつはわたしもやりましたw

    今じゃ苦情ものでしょうね

  • スナフキン
    3 stars

    なかなか、楽しそうでいいじゃないですか。
    いまよくいるモンスター親だったら発狂しそうですがw

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話