子供のころ父と山へ渓流釣りに行った時の事

0

0

view

0

comment

photo by フリー素材屋Hoshino

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

今となっては公にできる話です。
私が子供のころ父と山へ渓流釣りに行った時の事です。

父が「こっちは人こないから釣れるぞ」といってかなり険しく小さい渓流を攻めて行きました。

するといつの間にか周囲の木が白いペンキで塗られている空間にいました。

父は「おかしいなー」と普段人が入ってこないのにと不審がっていました。

もう少し進むと今度は「白い布」がたくさん木にかけられていました。
あまりにも大量の白い布が吊るされた人気のない渓流は、異様であり、疑問であり、恐怖です。
さらにかなり険しい渓流でしたので辺りは昼でも薄暗さがあります。
恐怖心を抱いた私と父はその空間で一度唖然としながらもすぐに引き返しました。

後日、見覚えのある景色がニュースで流れました。
その見出しは「パナウエーブ研究所のアジト発見」でした。

公開日:2015.01.04

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話