30歳の時、名古屋郊外の会社に勤務していて、夏休み、実家の茨城へ車で帰省した際の出来事です

0

0

view

0

comment

photo by pakutaso.com

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

名古屋インターから東名高速に乗り、順調に進んでいました。
すこし経つと雨が降って来ましたが、あまり気にもせず運伝してました。

足柄SAを出て、じはらくするとトンネル、そのままのスピードでトンネルを出た所で悲劇が起こりました。
なんとスリップして、車が何度も横回転して、中央分離帯のガードレールにぶつかり、やっと「追い越し車線に反対向きに停止」したのです。
スリップの最中は、お袋の顔が頭に浮かび、これで最後かなーーと思っていました。

後方からは何台もの車がクラクションを鳴らしながら、横を通り過ぎて行きました。
しばらくして、車を路肩に移動し、ホッとしました。
車の後部バンパーが凹んだのみで、他は怪我も何も無かったです。
早40年が経ちましたが、今、思い出してもゾッとします。
そろそろ「運転自粛の歳」になりますが、『安全運転は運転者自身の責任』だと思います。

公開日:2015.01.06

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話