友達に腹がたった瞬間。

0

0

view

0

comment

photo by イラストAC

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

私には、小学校からの幼馴染で、Kちゃんがいる。その子は本が大好きで、頭も良いため先生たちからは好評。私達は、家が近いので毎朝一緒に学校へ登校するほどだ。
しかし、そんなkちゃんにイラッとすることがある。
それは、美術の授業に起こった。卒業するまでの一年間、アニメーションを美術の時間に作るのだ。先生からの指示でアニメーションを一緒に作って良いのは4人までだった。それを聞いた私は、クラスの中でも仲の良いkちゃんとRちゃんとチームを組んだ。そこまでは良かった。そしてアニメーションで何を作りたいか決めようという話になった。
私もRちゃんも案を出すが、Kちゃんに全部否定される。本人からしてみれば、思った事をしっかり話しただけなんだろうけど…。
そして、否定されないような答えは無いか考えていた時だった。
Kちゃん「黙ってないで。他の考えないの?考え出してるの私だけだよ。」と。
私は思った。
じゃあ考えを否定しなきゃ良いだけじゃん。Kちゃんが意見を言えてるのは、私達(私とRちゃん)が否定しないからじゃないの?と。
しかしここで喧嘩になっては後で気まずくなる。私は冷静に、
「良い案がなくてさ。」と返事した。が。
数分後にまた同じ事を言われ、いつもは黙って人の話に耳を傾ける私も、
私「だって意見出した所で否定されるだけじゃん」と。
kちゃん「否定するかどうかなんて意見聞いてからじゃないとわかんないじゃん。」
そんなケンカムードな時にチャイムが鳴り授業は終了した。
本当は私も否定されることを覚悟で意見を出そうと思った。しかし、5つも意見を出した上に否定されては意見を言う気になんてなれない。
授業が終わった後、黙って私達の会話を聞いていたRちゃんが私の愚痴を聞いてくれた。
被害妄想なのかもしれない。
改めて、友達に怒りを抱いた出来事だった。

公開日:2022.08.24

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話