交差点で犬が血を流して横たわっていました

0

0

view

0

comment

photo by (c)Tomo.Yun

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

高校二年生の時の話です。

部活に向かう途中交差点で犬がよこたわっていました。
お腹や口のあたりから血が流れていました。
僕は通りすぎようかとおもいました。

しかし、横たわっていた犬は僕の方をずっと見ていました。その目からは助けてほしいと言う思いが伝わってきました。
僕は近くの動物病院まで自転車をこぎました。
そして、看護士さんに近くの交差点で犬が倒れているから助けてほしいと伝え車をだしてもらい犬を助けてもらいました。

しかし、次の日動物病院に寄り看護士さんから聞かされたのはその犬が死んでしまったということでした。
内蔵がやられていてごはんも食べれなかったそうです。
僕は悔しくなりました。助けきれなかったという思いがすごく強く心に残っていました。

後日、飼い主さんから電話がありました。
飼い主さんは「助けていただいてありがとうございました。あなたが助けてくれなければあのこがあの交差点で死んでいたら私たは死んだことを知らなかったかもしれない」と言われました。
その感謝の言葉を受け、僕は心がはれていきました。

公開日:2014.12.08

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話