私は6人家族である。でもなぜだ?4人しかいないじゃないか。あとの2人は?どこいった?

0

0

view

1

comment

photo by photo AC

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

私のお母さんは、生まれつき少しみんなと違っていて、背中に出来物みたいなものがあります。そこを押したりすると、ぜんぶの神経と繋がっているらしいので死んでしまいます。今はフツーに暮らしていますが、生まれたときは3才までいきられるかわからなかったそうです。
お母さんは、26才で、私を産みました。今は弟が一人いて4才差です。
でも、ほんとは、もう二人、いるはずでした。
私と2才差です。双子でした。でも、妊娠して3ヶ月、流産してしまいました。そのときの辛さは、残念ながら2才という幼さでは、わかりませんでした。この事を知ったのは3年前、4年生のときです。そのときは、「へぇ」としか思いませんでした。でも、今考えるととても辛くなります。
ふとおもうんです。こんな悪い子が生まれるくらいならあの双子が生きててほしかった。あー、あの子達が生きてたら私はいまどうなんだろ、なにしてるんだろ、こんなこと。男だったかな?おんなだったかな?もしかしてめっちゃにてる?二卵性?親にはこんなこと、強がってて言えないのですが、やっぱりあってみたかったです。おねぇちゃん!こんな、元気な声が聞きたかったです。

でも、こんなこと考えてたらなにも進みません。だから、私、決めたんです。私、なくなってしまった双子のこ、3人分をいきる。
こう決めてから、変わったんです。何事にも全力で、取り組むようになりました。
おかげで、受験も成功し、偏差値60、倍率6倍の都立中学にいけました。辛いことはたくさんあります。でも、3人よれば文殊の知恵!!(意味はあってるかはわからないけど、自分ではそんな感じで信じています)乗り越えています。

これを読んでくださったかた、有難うございます。身近に、なくなってしまったかたがいるなど、辛いことはたくさんあるでしょう。そんなときは、その人の分も生きてみよう!という強気な気持ちでいてください。

公開日:2017.09.18

コメント一覧

  • コッペパン

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話