真夏の夜のプレゼント

4

2

view

2

comment

photo by Alpha 2008

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

 昨年の夏、私は病気治療のために大学病院の8階に入院していました。
8月のある日、その病院がある地元の花火大会が開催されるというので、
病院内は朝から少し患者さん達はうきうきしているように感じました。

 もちろん、私もそうでしたが治療はしっかり受けて、
ついにその時間が近づいてきました。
病棟内では患者さんたちが移動を始めていました。
その時です。「ド~ン」という音が少し遠くから聞こえてきました。
いよいよ始まったようです。

 私は「、食堂の方が良く見えるかな?」と思い、行ったのですが、前の建物が邪魔になり
失敗。「もしかしたら、部屋の方がいいかも!」と思い、急いで戻りました。

 部屋には別の部屋の患者さんが一人来ていました。私もそこに加わり、4人で椅子を並べ
まるで子供のように、花火が上がる度に、4人が歓声をあげます。
途中から部屋の電気も消しました。すると、もっとよく見えるようになりました。

 夜空に上がる、ささやかな夏のプレゼント。
なんだかその夜は、心穏やかに眠りにつけたように思いました。

「来年は、違う場所で見ようね。」と約束した4人。
他の3人はどうだったのでしょうか。私はこの夏も治療中でしたが…。

 真夏の夜のプレゼント。一生忘れない、ほろ苦くでもちょっぴり嬉しい思い出です。

公開日:2014.11.07

コメント一覧

  • ばちょん
    1 stars

    素敵ですね^_^みんなよくなってほしいです

  • 放たれる
    3 stars

    いいお話ですね。

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話