娘がまだ1歳だった時の話しです。

0

0

view

0

comment

photo by pakutaso.com

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

電車に乗り、しばらくすると飽きたのか不機嫌になりぐずり始めました。あやしながら、駅までもう少しあるし、どうしようかな?と思っているところに小学3年生くらいの男の子が近づいてきました。

その子はそっと娘を覗くと手を握り、「いないないばぁ」とあやしてくれたり、「かわいいねー。」と握った手を揺らしたり遊んでくれたのです。娘も気分が変わりニコニコして機嫌が良くなりました。私が「ありがとうね!機嫌が悪くなって困ってたの。お兄ちゃんのおかげて助かりました。」と言うと「僕ね、妹がいて妹もよくぐずるから遊んであげるの。それに小さい子はかわいいから大好きだから」と笑顔で話ししてくれました。その男の子は結局私達が降りるまで側にいてくれて、私が降りる時に「本当にありがとうね。気をつけてねー。」と言うと「こちらこそありがとうございました。楽しかったです。」と丁寧に頭を下げたのです。私はとても温かい気持ちになり、この男の子を育てているご両親はとても愛情深く素敵なご両親なんだろうと想像できました。娘にもこの男の子のように、困っている人に手を差しのべられる素敵な人になって欲しいと思います。

公開日:2019.05.03

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話