生まれて初めて腰を抜かした日

4

2

view

2

comment

photo by Héctor García

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

当時、嫁と自分そして子供がまだ1歳の頃の話。
同じ寝室で寝てるときにトイレに行きたくなった。
時間は午前1時。怖い話等を寝る前に携帯のサイトで読んでいたため、トイレに行くのをためらっていた。

しかし尿意には勝てず1Fに降りてトイレを済ますことにした。
階段があり踊り場の上に鏡があるので、なるべく見ないように、そして妻や子供を起こさないようにそーっと
音を忍ばせて行った。

頭の中は怖い話のシーンが蘇り、用を足しているときも、怖い気持ちが次第に高まり、早く終われ早く終われと
気持ちが落ちつかなかった。

すべて出し終わり、手をサーっと洗い終わり余裕が出たのか電気を消し上にあがろうとした時に
頭の中で「この電気を消した瞬間、踊り場の鏡に女の人がうつったりして~」と思い電気を消し
鏡を見た瞬間、なんと本当に女の人が鏡の中で仁王立ちでたっている!!?

声にならない、もう本当に人に聞かせることができないくらい情けない声で、その場で腰を抜かし
鏡に映っている方向を見ると「何してるの?」と嫁の声・・・。

鏡に映って仁王立ちしてたのは嫁でした。
しかも何故か貞子ばりに前髪垂らしてるし。

声にならない声で「お前それだけはやめてくれ・・・」

嫁「いや気づいたらいなかったから、どこにいったのかと思って」と寝ぼけた声

あまりにも衝撃すぎて今でも忘れません。

公開日:2014.11.08

コメント一覧

  • ばちょん
    1 stars

    怖いです(^^;;

  • バイト王!
    3 stars

    なんというタイミング!
    怖い話を読んだときとかは、なぜか変な気配がして怖いですもんね。
    気持ちはわかると思いながらも笑ってしまいました。

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話