2歳のころ、チーズトーストが食べたくって、オーブントースターをつかった

2

1

view

3

comment

photo by (c)Tomo.Yun

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

私が2歳の時のお話です。
3歳年が離れた兄がチーズトーストを焼いて食べているのを見て
私も小さいながら、チーズとっても美味しそう食べたいと思いました。

ある日、私は、スライスチーズだけをオーブントースターの上に置いて
焼きました。

出来上がるのが楽しみでなりませんでした。チーズの良い香りがして
ワクワクして待っていました。

チンッ、とオーブントースターの音がして、その扉をあげると
何故かチーズがありませんでした。
私は2歳児ながら「こんなことは、ありえない。誰かが食べたに違いない」と思考を働かせました。

そこに兄が通りかかりました。私は、兄が犯人だと思いました。
お母さんにいいつけました。

「お兄ちゃんチーズ食べた!!」と母に言うと、
母は、すかさずオーブンの受け皿をもってきました。
そのお皿には、こげたチーズが堂々とありました。

「あなたがやったのよ」と言われました。

その時、私は悟りました。私が悪いんだということを・・・

公開日:2014.12.01

コメント一覧

  • 1 stars

    二才でオーブンを使うなんてびっくりです。知能が高いんですね。それでも、チーズが見当たらなくなることやお兄さんのせいにしたことやお母さんに言われたことなどは二才児らしいですね。可愛らしいです。

  • 2歳でチーズを冷蔵庫から出したの?
    それとも手の届くところに置いてあったの?
    見よう見まねにしては早すぎない?

  • 1 stars

    二歳でレンジつかうとは、凄いというか、危ない。
    僕が二歳のときとか記憶すらない・・・

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話