私は世に言う腐女子。だけど何時もの日常に雲がかかりました

6

3

view

4

comment

photo by プロ・フォト

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

私は世に言う腐女子でして、現実の恋などは『リア充爆ぜろ』…程度にしか感じてませんでした。
だけど何時もの日常に雲がかかりました…。

ある日、親友が1学年上の先輩のことが好きだと言い出したのです。
「協力して!!」と涙を目にためて言ってくるので力を貸すことにしました。

その先輩はモテモテで休み時間等はハーレム状態で近づけないらしく、帰り道話しかけることにしました。
そしてやって来た下校時間…!親友は『いざ勝負!!』という感じで意気込んでいました。

先輩の帰り道はこっちという親友のストーカー発言はスルーして親友について行くと、後ろ姿はショートカットの長身でイケメンオーラを出している人がいて、「あの人だよっ○○//」(○○は私の名前です。)と親友がショートカットの人を指差してました。
「行ってきなよ」と言うと大きく頷き話しかけに行きました。

そこで私は気がつきました………

(あの人スカートはいてねぇか??)

鈍った思考をフルスピードで回らせ考えるも行き着くのは同じ答え……

(あの人女じゃねーかっ!!)

(あいつ(親友)そういうキャラだったのかよ!!)

いくら腐女子の私でもこれは想定外…
リアルな百合だなんてっ!(百合に私は興味はありません。)
ぶっ倒れそうになった時、最後に見たのは此方に頬を染め視線を向けてる先輩と、私を見ながら睨んでいる親友でした…。
今では3人仲良くしています。でも2人とも裏がありそうな笑顔をこちらに向けて喋りかけてきます…。とりあえず叫ばせてください。

私はBLにしか興味ねぇんじゃぁ!ボゲェ~!!

公開日:2015.01.01

コメント一覧

  • 3 stars

    面白いっス

  • コメントありがとうございます。面白いですかね??BLサイコーですね!!

  • 3 stars

    面白い話ですねBL良いですよね。

  • 面白いですかね?BLサイコーですね

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話