私が高校生の頃、ガラケーが標準装備品になった時代の話です。

0

0

view

0

comment

photo by photo AC

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

私→高校生、怪我して読書家になった暇人
A→悪友、イケメン
B→Aのクラスメイトでクラスのアイドルらしい

Aとはクラスは違うが、私が自分のクラスで浮いていても仲良くしてくれた悪友だった。
その日もAと下らない話で盛り上がっていたらBが話かけてきて「私君、A助けて」と。
二人???となっていたら、どうやら携帯のサイトから法外な請求や脅しの電話やメールがきてるらしいとのこと。

Aは神妙な顔で「私、お前の出番だ、無駄に話やら法律詳しいやろ」と。

詳しくないが最低限は知ってるくらいだよ、と言ったらその業者から電話がきた。

Bは震えていたから「貸しな」と携帯をとり電話に出た。
業「もしもし、Bさんですか?」
私「いえ、代理のもんですが、貴女は?」
業「◯◯の◯といいます、Bさんのサイト利用料金についてですが」
私「本人は使用していないし、第一明らかに料金や解約金が異常でしょ、ギャグですか?」
業「いえ、しかし規約により払わないと」
私「なら規約を送って下さい、後Bが使っている証拠や登録した日やどのような明細でそうゆう支払いが発生したがそうゆうのを頂きたい、後企業なら弁護士さんいるよね?いるなら繋いで下さい」
業「貴方には関係ないだろ」
私「騙して金払わされてるほうが関係ないだろ、もしまたなにかするならこちらも弁護士たてるから」
業「な」
といって切りました(笑)
Aは大笑い、Bは泣きながら感謝し、以降そのような話はないそうです。

因みにAとは今でもたまに遊びにいく中、Bはその後クラスメイトと付き合い結婚したそうです。
15年前の今では笑い話です

公開日:2018.06.25

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話