おじいちゃんが亡くなって2ヶ月半。

0

0

view

0

comment

photo by イラストAC

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

おばあちゃんに、「クリスマスプレゼントをあげるから家においで。」と言われたのでおばあちゃんの家に行きました。
クリスマスプレゼントに、おばあちゃんからお金を貰いました。
あともう1つ、3回くらい折られている紙。
「〇〇ちゃん」(〇〇は私の名前)と書いてありました。
おばあちゃんは「おじいちゃんの物を片付けてたら出てきたの。」と言っていました。
家に帰って中身を出すと、1000円札と100円玉5枚、10円玉1枚が入っていました。
100円玉と10円玉はとてもピカピカしていました。
お母さんが「〇〇が小さい頃ピカピカのお金を見るのが好きだったから、集めてくれたんだねぇ。」と言いました。
小学校低学年の時は土日になると毎回おじいちゃんの家に遊びにいってたのに、高学年になるとだんだん会わなくなってしまいました。

おじいちゃんが私にくれたお金が造られた年を見ると、私が10歳の時でした。

ピカピカのお金を見るのが好きだった事を、
覚えていてくれて、私の為に集めてくれて
ありがとう。

もっと沢山話をしておけばよかったなあ。
「ありがとう」って言いたかったなあ。

ありがとう、おじいちゃん。
おじいちゃんの最後の手紙。
私の名前が書かれてる手紙。
ずっとずっと大切にするね。

公開日:2018.12.10

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話