当時はやっていた「こっくりさん」を、兄が夜の10時ごろにしたところ・・・

0

0

view

0

comment

photo by pakutaso.com

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

あれは小学校2年生の夏のことです。
当時はやっていたこっくりさんを、7つ上の兄が夜の10時ごろにしたところ、ほんとうに得体のしれないものが家にきたんです。

父親は船乗りで不在で、兄の悲鳴で母親が様子をみにいって状況を説明していると、私の部屋のベランダで足音がきこえてきたんです。
こわくなって布団にもぐりこんだところ、目を開けても、つむっても一面いろいろなおばけのかおがみえて、助けをよぼうにも声が出ず、布団からは出られず、ふと、布団の入り口付近をみるとおかっぱ頭で目だけの赤いワンピースを着た女の子がこちらを覗いていました。

はっと母親が戻ってくるのがわかったとき、布団からでれて駆け寄ると、母が言うには、目がつりあがっていて、パジャマはしぼって水が出るくらいびちょびちょだったけど、布団は一切濡れていなかったそうです。

とりあえず、水を震えながら飲んで、お経を読んでもらいそのまま寝ました。
その後はとくに何もなかったのでよかったです。

公開日:2014.12.28

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話