高熱でうなされた原因は、溺れたショックではなく・・・

3

1.5

view

2

comment

photo by pakutaso.com

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

小学生の頃、父の仕事の関係で屋久島に住んでいました。
家の隣にはペンションがあり、そこのオーナーと仲良くしていたこともあり、夏になるとペンションのお客さまと一緒にシュノーケリングにいくことがありました。

ある夏のこと、20代の綺麗なお姉さん二人組と一緒ににシュノーケリングにいきました。
とても優しいお姉さんたちで、海でも一緒に遊んでくれました。
潮が引いて大きなプールのようになった水溜まりで、3人で手を繋ぎながら泳いでいたときです。
一人のお姉さんが突然溺れ、真ん中にいた私ももう一人のお姉さんも巻き込まれてしまいました。
手を離そうにも溺れたお姉さんにぎゅっと握られているので水の中に引きずり込まれ、その時初めて「死ぬかもしれない」と思いました。ですが、パッと岸のほうから浮き輪が飛んできたのです。とっさにそれにつかまり、なんとか3人とも岸にたどり着くことができました。
はぁはぁと息も絶え絶え、顔をあげるとお姉さんたちもやっぱり同じくへたりこんでいました。

しかし、私の目はあるところに釘つけになってしまいました。
なんと、お姉さんたちのビキニから、豊満なおっぱいがポロリと出ているではありませんか!!
よりによって2人とも!!しかもなぜか右だけ。そして、2人ともそれに気付いていないのです。
それまで母親以外のおっぱいをマジマジとみたことがなかった私は、そのきれいで大きなおっぱいに見とれてしまって、「おっぱい出てますよ」の一言が言えず…。

家に帰ってからは、急に高熱が出てうなされてしまうことになるのですが、溺れたショックだろうとみなが心配していましたが、本当は若いお姉さんのきれいなおっぱいを見た衝撃だったと言うことはいまだに私の秘密です。

公開日:2014.11.19

コメント一覧

  • 1 stars

    九死に一生を得ましたね。浮き輪が飛んでこなかったら本当に溺れ死ぬところでしたが、助かりよかったです。海や若いお姉さん高熱には気を付けて下さい。

  • ばちょん
    2 stars

    いい思い出になってよかったですよ(^^;;

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話