食べ物を食べるときは、ちゃんと目で確認してから食べた方がいいよ

1

1

view

1

comment

photo by フリー素材屋Hoshino

小学校の頃の夏休み。
田舎のおばあちゃんの家に2週間ほど僕だけで泊まりにいくのが恒例だった。

おばあちゃんのところには、従妹の3姉妹もいて毎日野山を走り回ったり
従妹の小学校のプール授業に参加させてもらったり、
テレビゲームをしたりと充実していた。

ある日、いつものようにテレビゲームの「スーパーマリオブラザーズ」を
オカキを食べながらみんなでワイワイとプレイしていた。

それはもう、ガッツリと夢中になっていて
ゲームの画面をずっと凝視しながら、オカキを手探りでもって食べるという状態。
ゲームも白熱してくると、手にとったはいいが口に入れる間もなくオカキを握ったままの状態でプレイしつづけるほどだった。

従妹「誰かおならした?」
言われてみると、不快な匂いがする。

僕「いや、してないけど・・・」
っと、ゲーム画面からの意識が逸れていたので、手に持っていたオカキを見ると、
ボロボロにつぶれたオカキと一緒に、カメムシが無残な姿で握りしめられていた。

臭いは、手を何度も洗ってもとれなかった。
あのまま、無意識に口に入れてたらと想像するとヤバかった。

公開日:2014.09.24

コメント一覧

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話