私がやっと喋りだしたような、1,2歳のころに

0

0

view

0

comment

photo by pakutaso.com

みんなのゲスト投稿のユーザーアイコン画像
みんなのゲスト投稿

私がやっと喋りだしたような、1,2歳のころ。

夜泣きをしていた私は、同じ部屋で寝ていたお父さんに「うるさい!!外につまみだせ!!」と母親ともども怒鳴られていました。
そんなお父さんの怒鳴り声に私は更に火がついたように泣き出し、お母さんは困り果てるばかり。
ついにお父さんは「もういい!!俺が出て行く!!」と、部屋から出て行ってしまいました。

その途端、私はぴたっと泣き止んで、
「やっと行ったね」と言ったそうです。

まだたいして喋りもしていなかった私のその発言に、お母さんはぞっとするほど驚いたそうです。
なんでぞっとしたかっていうと、ちょうどひいばあちゃんが亡くなって間もない頃だったから、
ひいばあちゃんが私に憑いたんじゃないかと思ったんですって。
真相は、謎のままです。

公開日:2015.01.05

コメントする

123

※話がよいと思ったら1~3枚の座布団をあげてください。評価は一話につき一回限りです。
 返信などコメントだけしたい場合は座布団0枚で投稿してください。評価に反映されません。

「みんなの話」カテゴリ一覧

近いタグ付けの話